2017年10月06日

RACレスキューインストラクター講習会兼専任講師実技審査の開催

9月30日(土) 10月1日(日) 滝川地区地域防災施設(川の科学館)にて開催されました。
6名の受講生並びに2名の専任講師候補(湯浅・丸尾)
RACレスキューインストラクターのマスター 新野講師監修

 川に学ぶ体験活動指導の中で、川という特殊な環境においてのレスキュー技術を取得し、かつ、レスキューの限界を知ることで、より安全な活動を行えることができます。
 また万が一に備え、確実なレスキュー計画を事前に建てることができます。
 さらには川の水難事故をなくすために啓発活動にも大きな期待がかかります。

 この研修会では、川の特性をはじめ、レスキュー3のSRT1クラスのスイム救助技術を取得し、プルージックシステム(プリー・スタックロープ・プルージック)の重装な装備がなくても、スローバック・Eボートを活用したチームレスキューなど、川の活動を行っている実践の現場で求められる救助法を中心に学ぶことができます。(受講料も10,000円(認定料は別1,500円) 認定条件(RACイントラ、なお、リーダーでも要相談)


レスキュー2017100101.png

レスキュー2017100102.jpg


20170930_153613[1].jpg
posted by 管理者@NPOまち川 at 09:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: